【明るい白髪染め】明るさを変えると〇〇が変わる!?(お客様実例)




こんにちは、阿佐ヶ谷の美容室で白髪染めとエイジングケア縮毛矯正が得意なフリーランス美容師オノザキです。

白髪染めはしっかり染めようとするとあまり明るくできません。白髪が染まることを優先して明るくしたいけどあきらめている人いるんじゃないでしょうか。

今日はそんな人に朗報です。

明るい白髪染めをしているお客様です

はい、ということでいつも来て頂いてるお客様。

以前は白髪がしっかり染まるように染めていました。

↑これで言うと白髪がしっかり染まる明るさってだいたい5〜6くらいまでです。7以上になるとしっかりは染まりません。

しかーし、しっかり染めなくてもいい。

そんな選択もありです。

実際にこちらお客様は10くらいで染めてます、アッシュ系で。

よく見てください、いかかがですか。確かにしっかりは染まっていなくても、ぼかした感じになって白髪がなじんでますよね。

色味の選択でアッシュ系を選ぶのもポイントです。白髪をぼかしたり、なじませるのであれば白髪の白に近いアッシュ、グレー、シルバー、ベージュ系を選んでください。

レッド、ピンク、バイオレットなど暖色系は白髪の白になじみにくいのでぼかすのにはむかない。逆に白髪をしっかり染めるなら暖色系のほうがよく染まります。

オノザキ

明るくて、おしゃれかも・・・


明るい白髪染めの良いところ、悪いところ 

良いところ

・明るくできる

・伸びても気にならない

・気分も明るくなる

悪いところ

・白髪がしっかり染まらない

というように良いところ悪いところありますので、しっかり染めるのもいいと思うし、明るめにするでもいいと思います。ここで僕が一番に伝えたいのは気分も明るくなる。これが一番大事で、髪の明るさを変えることで気分も変えれるんですよ。

これただ僕がそう思っているのではなく、実際のお客様に『気分が明るくなって良かった♪』って言ってもらえたので確かです。はい。

きっとカラーうんぬんじゃなく、ヘアスタイル全般に言えることで、長さや形やパーマとかもそうかもしれませんが、髪型って人の気分を左右できるものなんですね。

今コロナやなんやらで気分もちょっと落ちてる人ってきっといると思いますが、いつものヘアカラーをちょっと変えてみることで気分も上がって明日からまた頑張れますよ!

ちょっと明るくしたいなーって人ぜんぜん大丈夫なので、明るい白髪染めおすすめです!

オノザキ

やっぱ、明るくポジティブにいきたいですよね!




友達に教えてあげたら髪が生えるかもよ!↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA