【Q&A】縮毛矯正と白髪染めをしている髪にハイライトはできますか?




こんにちは、阿佐ヶ谷、南阿佐ヶ谷でハイライトを使った白髪染めやノンジアミン白髪染め、髪質改善ができる自然な縮毛矯正が得意の美容室、美容院kiihiのオノザキです!


今回は実際にメールで頂いたご質問にお答えしたいと思います


Q、白髪染めを月1、縮毛矯正を3ヶ月に1回やっています

髪の調子はトリートメントをしているので良さそうです

白髪を染めるのが嫌になって、ハイライトで明るくしたいです

縮毛矯正をしている髪でもハイライトはできますか?

というご質問なのですが

結論から申し上げますと

A、絶対にできないとは言いきれないけど、できない可能性のほうが高い

と思います。

※事前にメールのご相談なので、実際に髪を見ていない状態での判断になります

髪の中が壊れているかもしれませんよ


まずは順を追って説明いたしますね。

一番大事なのが、今現在のお客様の髪の状態を把握する事

カウンセリングでまず過去にどういう施術をされて来たかをお聞きします。

それによって、できるできないが変わってきます。


今回のお客様は縮毛矯正を3ヶ月に1度されている

そして月1で白髪染めをしている


縮毛矯正は薬剤の力とアイロン施術の熱などで髪の組織を壊してクセを矯正的に真っ直ぐにします。

なのでトリートメントをしているから手触りが良く髪がいい状態だと思いがちですが、それは髪の表面が手触りやツヤがいいだけで、実は髪の中はダメージが進んでいる状態なのかもしれません。

ここを見極めれないと、

「サラサラでダメージないですね、じゃハイライトやりましょう」

なーんてことになります。

ちょっと考えただけで怖くなりますね・・・。



そして、ハイライトを入れるとなるとブリーチを使うことになります。

いわゆる脱色をする、抜くっていうやつですね。

僕が使うブリーチは切れ毛を98%削減するという、かなり優れたものを使っていますがそれでもダメージは出ます。


また白髪染めをされている世代の方は年齢と共に髪が弱くなっている可能性もあります。

なので二重に髪に負担がかかりやすいということが考えられます。

できる場合もある


え、じゃあ絶対に無理じゃんって思いますよね

僕が思うに2通り考えられて

さっき言った

なのでトリートメントをしているから手触りが良く髪がいい状態だと思いがちですが、それは髪の表面が手触りやツヤがいいだけで、実は髪の中はダメージが進んでいる状態なのかもしれません。

この髪の中のダメージが進んでいるかっていうのは

髪の芯がダメージに耐えられるかどうかのチェックを実際に行い、OKそうだったらできます


それと酸性領域のストレート剤を使っているかどうか

通常髪のクセを伸ばすのに使うのがアルカリ性の薬剤なので

全く違う性質の薬剤ですが、この酸性でストレートにしているのであれば

ブリーチにも対応はできます。

でもこれもダメージゼロっていう事ではないです。


今まで美容師さんがどんな薬でやってくれていたかわかりますか?


今担当している美容師さんは

「こういう薬剤を使ってこんなふうにクセを伸ばしますね」

って説明していますでしょうか?


もちろん僕は最初にお伝えしてから施術に入ります。

お客様が安心できるのはもちろん

施術に対しての相違がなくなりますよね。


それで「これ酸性なんですよね〜」っていうのであればいいんですが・・・。


最後に


はい、というように

ケースバイケースにはなるのですが

できる場合もありますが、髪の状態を見極める事と適切な薬剤がなければ、縮毛矯正と白髪染めをしている髪にハイライトを入れるのは極めて難しいかもということです。

どんな施術にもメリット、デメリットはあると思いますので

今後のなりたいヘアスタイルなどを考慮して決めるのがいいと思います。


同じような縮毛矯正と白髪染めにハイライト入れようか悩んでいる人のご参考になれば幸いです。



オノザキ

過去1でマジメなブログを書いたと思ってるよ!じゃまた!




友達に教えてあげたら髪が生えるかもよ!↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA